Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by SHEENA on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I Should Coco/Supergrass

Posted by SHEENA on 07.2012 ロック 2 comments 0 trackback
最近久々に聴き返しました。
今回は思い出補正も込み込みで、中学生時代によく聴いていたバンドSupergrassの1stアルバムI Should Cocoのレヴューです。
ポップロックってんですか、ブリットポップってんですか、ポップパンクってんですか、そのへんよくわかりませんがとにかくキャッチーで素晴らしい!アルバムを出すごとに進化し、変化し続け、幅広い音楽を取り入れていったバンドなのですが、まずは若さ全開のこのアルバムから聴くことをお勧めします。
1曲目から最後まで捨て曲なし!
当時は1曲目の若さ溢れるI'd Like To Know、2曲目とがった印象のCaught By The Fuzz、3曲目のこれぞポップロックMansize Rooster、8曲目の疾走するSitting Up Straightなんかを特に好んで聴いてました。
最近聞き返した時は、4曲目のほんとになんでも大丈夫な気がしてくるAlright、10曲目のブルージーなTime、12曲目のSofa Of My Lethargyなんかがぐっときました。

当時は好きすぎて日本版、海外版と買って、さらにジュークボックス用?かな?何の表記もないドーナツ盤のAlrightとかまで買ってました。
ミックの高い声のコーラスが好きだったなあ…

Gt 宏史



supergrass

1. I'd Like To Know
2. Caught By The Fuzz
3. Mansize Rooster
4. Alright
5. Lose It
6. Lenny
7. Strange Ones
8. Sitting Up Straight
9. She's So Loose
10. We're Not Supposed To
11. Time
12. Sofa Of My Lethargy
13. Time To Go



スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。